即日でお金借りることができるカードローンはどの金融なのかについてです。

MENU

即日お金借りる!知っておきたい条件はなに?

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

カードローンやキャッシングではお金借りる事は可能ですが、即日お金借りる事は可能なのでしょうか?

 

今では多くの大手カードローンでは、申し込みをしてその日に即日お金借りる事はできるのです。

 

 

ですが、即日お金借りるにはいくつかの条件を満たさなければ、当日中にお金借りる事はできません。

 

ここでは即日お金借りる条件に付いてご紹介していきましょう。

 

 

まず、即日お金借りるためには、各カードローン会社の指定時間までに申し込み・契約を完了させなければいけません。

 

多くの場合、銀行が閉まってしまう時間までには契約完了しなければ、即日お金借りることはできないので注意しましょう。

 

一般的には14時ぐらいまでに契約完了させることが、即日お金借りるには必須といえるでしょう。

 

 

ここで注意したいのは、即日お金借りるには「曜日」に関しても指定があるということです。

 

上記では「銀行が閉まってしまう時間まで」と述べましたが、土日や祝日などは銀行がやっていないので即日お金借りることはできないということです。

 

つまり、即日お金借りるなら平日に申し込みをしなければいけないということになります。

 

 

 

ただ、例外として大手消費者金融の自動契約機・無人契約機を使えば、土日や祝日なども営業しているので、即日お金借りることは可能です。

 

自動契約機では夜遅く契約し、即日お金借りることも可能ですので、即日お金借りたいのであれば大手消費者金融のカードローンで借りるのがオススメといえるでしょう。

 

 

ただし、自動契約機にも営業時間があり、それを過ぎれば即日お金借りることはできません。

 

多くの場合、22時ぐらいまでが営業時間となっていますので、それまでには契約を済ませるのが大切でしょう。

 

 

ちなみに、大手カードローンならばすべてのカードローンが即日融資に対応しているわけではありません。

 

主に銀行が運営するカードローンでは即日お金借りることが難しい場合もあるので注意しましょう。

 

確実に即日お金借りるなら、上記でも述べましたが大手消費者金融がオススメといえます。

 

 

このように、即日お金借りるにはいくつかの条件を満たすことが大切です。

 

急ぎでお金が必要なのであれば、よく理解したうえで申込むことが大切です。

 

 

【ここからの目次】


30万円以上を即日でお金借りることはできる?

 

 

今も昔も大手消費者金融や銀行系カードローンの利用者は非常に多く、急な出費が発生した時に大変頼りになります。

 

上記でも説明しましたが、仮に大手の消費者金融でしたら、条件が合えば即日お金借りる事も可能です。

 

給料日前などお金が不足している時にキャッシング申し込みをすることで、一難を逃れることが出来ます。

 

 

ただ、5〜10万円程度のお金借りるのであれば比較的簡単ですが、30万円以上のお金借りるとなると、すぐ即日にお金借りる事は可能なのでしょうか?

 

結論から言うと、30万円以上であっても即日お金借りる事は可能です。

 

 

しかし、一般的なカードローンの審査通過条件の「満20歳以上ということ」と、「安定収入がある」というだけでは、審査で減額させられてしまう可能性があります。

 

初回に借りれる限度額についてはココを参考に

 

 

仮に、正社員で過去に金融事故を起こしていなく、多重債務でなければ、特に問題なく初回限度額30万円でお金借りる事はできるでしょう。

 

しかし、アルバイトやパートさんの収入となると、30万円以上の初回限度額でお金借りるのは厳しい場合もあります。

 

これは、年収や職の安定性などがどうしても審査で影響してしまうからです。

 

 

ただ、仮にパートやアルバイトだとしても、他社でキャッシングをしていなく金融事故も全くなければ、雇用形態問わず審査の上、即日お金借りる事は可能といえるでしょう。

 

 

ちなみに、消費者金融よりも「銀行系カードローンを利用して即日お金借りたい」と考えている人も中にはいるでしょう。

 

ですが、銀行カードローンでお金借りるには融資審査に多少時間がかかり、実際にお金借りるまで数日必要なケースも多いです。

 

 

ですので、「即日で30万円のお金借りる」となると、銀行カードローンでは難しいかもしれません。

 

もし30万円以上を即日でお金借りる場合には、できれば大手消費者金融で即日融資を利用し、お金借りるのが良いでしょう。


学生がお金を借りるには?即日もOK?

 

学生がカードローンやキャッシングで即日お金借りるには、アルバイトで収入を得ていて満20歳以上であることが条件となります。

 

「学生のアルバイトだとカードローンでお金を借りることは出来ない」と思っている学生さんがが意外と多いのですが、実は全然そんな事はありません。

 

 

雇用形態に関して条件を課している金融機関は少なく、実際は学生でも即日お金借りることができるカードローンは沢山あります。

 

しかも、即日・当日にお金借りることもできますので、「急ぎで即日お金を借りたい」という場合でも対応可能です。

 

 

アルバイトの収入は「毎月あること」「金額は毎月ほぼ一定であること」「...この2点をクリアしていれば、カードローン審査では安定収入と見なされやすいです。

 

また、勤続年数も重視されます。

 

 

学生アルバイトの場合は「最低でも半年以上の勤務実績」が必要になる場合が多いので、まだバイトで働き始めたばかりという学生さんは、カードローン審査の通過は難しいかもしれません。

 

 

ちなみに、銀行カードローンですと学生の利用はNGとしているところが多く、審査基準が厳しい傾向にあります。

 

ですから、学生が即日お金借りるなら大手消費者金融のほうが良いかもしれません。

 

 

即日融資は「銀行振込」と「カード発行」どちらでも可能ですが、銀行振込はタイムリミットが短いですから、より確実にその日に即日お金借りるのであれば、カード発行での即日融資がおすすめです。

 

「カード発行での即日融資」といっても、ネットで申し込みを行い自動契約機で手続きするだけですので、とっても簡単です。

 

 

さらに、必要書類やローンカードはその場で全て発行されるので、自宅に郵送物が送られてきません。

 

ですので、家族バレを心配している学生さんにうってつけといえるでしょう。

 

 

ちなみに、大手カードローンは学生だからといって「親の同意書がないと借りれない」ということはありません。

 

安心して申込してくださいね。


未成年の18〜19歳でもお金を借りることは可能? 即日は?

 

上記でも説明しましたが、カードローンやキャッシングは学生でもお金借りることが可能ですが、「年齢制限」があります。

 

基本的にどの金融機関も「満20歳以上」からお金借りる事ができ、18歳〜19歳の未成年がお金借りる事はできません。

 

 

仮に社会人であったとしても、20歳未満の未成年はカードローンでは本人契約はで着ないことが多いです。

 

「社会人だからカードローンでお金借りる事はできるだろう」と思っている未成年者も多いです。

 

ですが、民法では「未成年者は単独で契約行為を行うことができない」ときちんと定められているのです。

 

 

このように、18〜19歳の未成年者の学生さんであれば、いくらお金を借りたいと思っても法律で規制されていますので、金融業者としてもお金を貸すわけにはいきません。

 

中には親の同意があればお金借りる事ができる貸金業者もあるようです。

 

ですが、大手消費者金融や銀行カードローンでは、まず借りる事はできません。

 

 

また、18〜19歳の未成年でも借りれるところの多くは「悪徳業者」の可能性が少なからずあります。

 

18〜19歳の未成年は収入もまだ安定していませんので、貸付したとしても少額となります。

 

その少額融資のために法律を冒すようなことは出来ませんし、わざわざリスクを冒す必要なんてまったくないわけです。

 

 

このように、18〜19歳の未成年であればお金借りること自体が無理なわけですから、当然、即日お金借りる事も不可能です。

 

 

中小の消費者金融の中には「学生ローン」という学生専用のキャッシングサービスを提供しているところもあります。

 

学生ローンの中には未成年の学生でも借りれるとこもありますが、親の承諾が必要だったり、本人がアルバイトで収入を得ている必要があります。

 

しかもお金を借りる金額はかなり少なめです。

 

 

もちろん、学生ローンだからといって審査が特別甘いというわけでもありません。

 

上記でも触れたように悪徳業者の可能性もありますので、いずれにしても未成年が金融機関からお金借りるのは諦めたほうが良いかと思います。


無職でも即日お金借りることはできるの?

 

無職でも即日お金を借りたい場合があるかと思いますが、可能なのでしょうか?

 

「失業中だから即日お金借りる事ができない」「年金生活だからお金が必要だけどカードローンでは借りられない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

 

残念ながら無職で収入が全くない状態ではカードローンで即日お金借りることは出来ません。

 

仮に即日お金借りることができたとしても、働いていないわけですから返済することが出来ません。

 

年金受給者の方も同様に即日お金借りる事は難しいでしょう。

 

 

ただし、無職だから即日お金借りる方法が全く無いというと、そうでもありません。

 

今回は無職でも即日お金借りる方法について解説していきます。

 

無職でも即日お金借りたいという方は参考にしてください。

 

 

カードローンやキャッシングは安定収入がある事が条件となります。

 

ですから、ニートや失業中で働いていない方は残念ですが即日お金借りる事はできません。

 

ただ、即日お金借りる方法はカードローンだけではありませんので、安心してください。

 

 

まず。年金生活者の方が即日お金借りる場合ですが、実はカードローンで絶対にお金借りられないというわけではありません。

 

金融機関によっては年金収入を安定収入と認めている金融機関もあるのです。

 

但し、カードローンで即日お金借りるには年齢制限がありますので、いくら年金収入が安定収入として認められていても、年齢の上限を超えていれば申し込みできませんので気をつけてください。

 

カードローン以外の方法ですと、「独立行政法人福祉医療機構」や「政策金融公庫の年金担保貸付」でお金借りることも出来ます。

 

年金証書を預けて年金受給権を担保にするれば、最大で200万円までのお金借りる事が可能です。

 

年金担保融資は上記2つの機関以外は認められていません。

 

 

失業中でもお金を借りたいという場合は、契約者貸付と総合支援資金を検討すると良いでしょう。

 

契約者貸付とは生命保険の解約返戻金を担保にして、保険会社からお金借りる制度です。

 

 

カードローンで即日お金借りるよりも、ずっと金利が低くしかも審査がありません。

 

融資スピードは保険会社によってことなりますが、最短翌日でお金借りられるところもあります。

 

 

お金借りるときに、適用される金利は契約した時期によって異なります。

 

金利が高い時代であれば適用される金利は高くなり、低金利の時に契約していれば適用される金利も低くなります。

 

 

契約者貸付は「低金利、審査なし、融資が早い」と言うメリットがあります。

 

逆にデメリットは、複利であるため返済が長期化すると利息負担が大きくなること、返済不能の場合は保険契約が失効することです。

 

 

契約者貸付は生命保険に加入していないとお金借りる事はできません。

 

保険に加入していない人は、総合支援資金が良いでしょう。

 

国が提供する融資制度で連帯保証人を立てることで無利子でお金借りることが可能です。

 

保証人になってくれる人がいなくても年利は1.5%と低金利です。

 

 

ただし、総合支援資金は簡単にお金借りられるわけではなく、「資金を借りるのが適切」だと判断されなければいけません。

 

条件は利用する地域によって異なり、実際にお金借りるまでに1ヶ月近くかかることが多いです。

 

 

ですから、お金が必要な時は早めに相談しに行くようにしましょう。

 

窓口は自治体や社会福祉協議会となります。

 

 

カードローンで即日お金借りるには安定収入がないといけませんので、無職の場合は、まずは日雇いバイトを探してみると良いでしょう。

 

継続的に続けていれば金融業者によっては安定収入と認めてくれる可能性もあります。

 

今日中にお金が必要な場合は、家にある不用品を売却するなどしてお金に変える方法も良いでしょう。


深夜でも即日にお金借りる事ができる金融はある?

 

夜遅くにお金が必要になったという時でも、カードローンなら即日お金借りることは可能なのでしょうか?

 

結論から言えば、深夜でも即日お金借りることが可能なカードローンはあります。

 

しかし、大半は営業終了時間を過ぎていますので、即日お金借りるなら「借入先の金融業者選び」が重要となります。

 

 

まず、銀行カードローンですと夜遅く深夜に、即日お金借りることができるところはほぼありませんので、諦めたほうが良いです。

 

消費者金融でも中小ですと営業時間は夕方6時前後までとなり、尚且つ来店手続きとなりますので、深夜に即日お金借りるとなると厳しいです。

 

 

となれば後は大手消費者金融となりますが、大手なら自動契約機が夜遅く深夜まで営業しており、なおかつ即日お金借りることも可能です。

 

大手消費者金融なら深夜でも即日お金借りることができるわけですが、即日中にお金借りれる確率としては高くありませんので注意してください。

 

 

深夜といえど、即日お金借りるにも条件をクリアしてないといけませんので、カードローン申し込み前にどのような条件があるのか必ず確認してください。

 

 

深夜に即日お金借りる際には、申し込みは自動契約機ではなくインターネットで予め済ませておくとより早く借りられる可能性が高いです。

 

更に、申込後にカードローン会社のコールセンターに連絡して急いでいる旨を伝えると良いです。

 

これにより、場合によっては優先的に審査を行ってくれることがあるので、即日お金借りることができやすくなります。

 

 

大手消費者金融ですと22時ぐらいまでなら即日お金借りることも可能です。

 

しかし0時を過ぎてしまうと、さすがに即日でお金借りるのは難しいです。

 

ですから、できるだけ早めにカードローン申し込み手続きするようにしてください。


第2位 プロミス



※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります