キャッシングの初回の限度額はいくらぐらいなのかをまとめてみました。

MENU

お金を借りるときの限度額は最初はどれくらいになるのか?

 

キャッシングを利用中の方の中には今の限度額を増額させたいと考えている方も少なくないはずです。

 

と言うのもキャッシングの初回限度額は、基本的に少額ですから物足りなさを感じてしまうからです。

 

中には希望する金額よりも大幅に少なかったなんて悔しい思いをされた方もいるでしょう。

 

初回に設定された限度額は増額させることも可能です。

 

但し誰でも簡単に上限金額を上げれるわけではありません。

 

増額はいつから出来るのか、いくらずつ増えるのか、どんな条件があるのかなど、キャッシングの増額について解説していきます。

 

 

融資枠を増枠する条件は簡単に言ってしまえば、キャッシング会社から「優良顧客」とみなされることです。

 

カードローンやキャッシングは信用の上で成り立っている金融サービスですから、信頼される事は優良顧客に値します。

 

ではどうすればキャッシング会社から信用を得ることが出来るのでしょうか?

 

 

約束を守って実行する人と、そうでない人、あなたならどちらを信用するでしょうか?

 

これは聞くまでも無いかもしれませんが、間違いなく約束を守って実行する人ですよね。

 

カードローンの返済は、毎月指定された日に支払いをすると決められています。

 

これは言わば「その日に返済する約束」であり、キャッシング会社から信用を得るためには欠かせない行為と言えます。

 

詰まりキャッシング会社から信用を得るためには、毎月必ず期日通り返済を行うことです。

 

もちろん期日ピッタリではなく、早めに返済しても問題ありません。

 

期日を過ぎた返済は絶対にダメです。

 

一日でも支払い期日を過ぎたらそこで信用は一気にガタ落ちになると思って良いです。

 

増額するには審査を通過しなければいけません、そして審査ではこれまでの返済実績も考慮され、そこで1回でも1日でも返済遅れが合った場合はほぼ間違いなく審査落ちにさせられます。

 

かなりシビアですから、何が何でも増額したいという方は返済期日は必ず守るように心がけてくださいね。

 

 

「じゃあ返済だけすればとりあえずOKだね」なんて思いがちですが、実は毎月真面目に返済するだけでは増額審査を通過するのは難しいです。

 

優良顧客と見られるには信用を得るだけでなく、「この人は長期的に収益を上げてくれる人だ」と思われなければいけません。

 

キャッシング会社の収益は返済時の利息です。

 

お金を借りてもらわないことには利息も得られません。

 

一度借りただけで後はひたすら返済でその間に一度も借り入れしないと、「この人は長期的に収益が見込めないかも」と判断されやすいです。

 

もちろん必要ないのに無理にお金を借りる必要はありません。

 

ですが増額を考えていて、多少余裕があるなら少額でも良いので、たまに借入もすると良いです。

 

まじめに返済し、たまに借入する、これを繰り返すことで信用と実績が積み上がっていき優良顧客と見なされていきます。

 

これだけでも借りれる額が増える可能性はグンと近づきます。

 

 

増額は契約後すぐにでも出来るわけではありません。

 

利用実績を見定めるための期間をある程度を設けています。

 

期間はキャッシング会社毎に異なりますが、最低でも半年は様子見をします。

 

ですが半年はあくまでも目安であり、むしろ最近は9ヶ月や1年と期間を延ばしている業者が多く、以前よりも増額が厳しくなっています。

 

まずは半年を目安に返済と借入を続けてみると良いでしょう。

 

 

利用状況は優良と見なされますと、こちらから申し出なくでもキャッシング会社から増額の案内通知が届きます。

 

通知方法は業者ごとに異なり、電話やメール、ATM利用時にお知らせするところもあります。

 

増額の案内が来たということは優良顧客と見なされている証拠ですから、その後の審査も通過する可能性が高いです。

 

つまりは、この増額案内が来ないかぎりは申し込みしても審査通過の可能性は低いと思ったほうが良いということになります。

 

もちろん案内が来なくても申し込みはできますし、審査通過が出来ないわけでもありません。

 

しかし増額できるかどうかの指標になることは間違いありません。

 

どうせならより確実な状況で増額審査に挑んだほうが良いかと思います。

 

というのも総額審査の結果によっては減額される可能性もあるからです。

 

増額の可能性が低いうちに申し込みをしてしまうと、このような最悪の結果を招く可能性が高いですから、無闇矢鱈に増額はしないことです。

 

 

増額では利用状況だけでなく前年度の年収と今年の年収を参考にして決めることも多いです。

 

前年よりも収入が減っていれば返済能力も下がっていると判断できますので、増額は見送られる可能性が高いです。

 

増額審査時にも在籍確認は行なわれますので、その点はお忘れなく。

 

職を変えている場合は、早めにその旨を申告しておきましょう。

 

 

増額の条件は中々厳しく時間もかかります。

 

急ぎでお金が必要という理由で増額を考えているのであれば、新たにカードローン契約する方が手っ取り早いかもしれません。

 

新規融資の審査のほうが増額よりも厳しくありませんので借りれる可能性も高いです。

 

条件的に増額が難しいかもという方は、新規での借り入れを検討してみるのも良いのではないでしょうか。


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

第3位 アイフル