【簿記の基本】貸借対照表の読み方や科目の意味とは?投資を考えるなら、まずは純資産を知るところから

スポンサーリンク
教養
この記事は約5分で読めます。

貸借対照表はどのように読んだら良いのだろう?

簿記の勘定科目の意味が知りたい!

上場企業であれば投資家情報(investor relations=IR情報)として貸借対照表など財務諸表が公表されています。

ただし、簿記特有の勘定科目で表記されているため科目の意味を理解しなければ文字と数値の羅列でしかありません。

資産・負債・純資産など各項目や勘定科目の意味を理解する事で貸借対照表の数値が経済活動の結果を物語るようになります。

この記事を読んでもらえると簿記の勘定科目の意味貸借対照表の読み方について理解してもらう事が出来ますよ!

貸借対照表とは

日々の経済活動を複式簿記によって記録する事で作成が可能になります。財務状態を数値で客観的に表しています。

貸借対照表では、ある時点においての資産状況いわゆるストックが記載されています。

例えば、3月決算の会社であれば、その年の3月31日時点の財務状態を表しています。

貸借対照表が作表された以後に生じる大規模な変動が予想される場合は注釈に詳細が記載されています。

また、資産の部合計と負債の部と純資産の部を合わせた合計は必ず一致します。

簿記検定においては、作表するスキルが問われるので、表に記載する資産・負債・純資産の構成をイメージ出来るのはもちろんですが、作表までの過程を理解している事も重要になります。

また、貸借対照表に対する基礎的な知識を有している事で、ビジネスパーソンとして自身の所属する会社が置かれている状況を理解する事が出来るようになります。

資産形成する際に株式投資をしようとする際にも投資先の将来性や投資の適格性を判断するためにも貸借対照表への理解は欠かせません。

上場企業のホームページで自社の財務諸表など業績を公表していますので自身の興味のある業界の有名企業を見てみる事も勉強になりますよ。

ここから日本が世界に誇るゲーム制作会社スクウェアエニックスの貸借対照表をご覧になれます。



資産

事業を営む上で、売上を稼ぎ出すために所有するものや債権です。

主な資産の勘定科目

  • 現預金(現金や預金などの即時に使える資金)
  • 売掛金(売上金の回収が翌月末など売上た日以後になるもの)
  • 未収金(来月末に入金予定など現預金を回収する権利)
  • 定期預金(即時に決済手段としては使えない定期預金・積金)
  • 備品(パソコンやデスクなど)
  • 建物(オフィスなど)

資産は流動資産と固定資産に分ける事が出来ます。

上記の例で言うと流動資産は現預金・売掛金・未収金です。未収金については、ワンイヤールールに当てはめて1年以内に入金があるものは流動資産という判断をします。

固定資産は定期預金・備品・建物です。定期預金は1年以内満期の場合は流動性資産です。備品や建物は1年以上使用する事が想定されていますので、固定資産となります。

資産と言っても、貸付金は要注意です。回収可能性を判断する必要もあるため貸付先や返済状況についても確認しておくべきです。貸付先が社長や社長が株主になっているなど実質的に支配する会社の場合は、実質的に報酬や出資金とみなされた場合は、貸付金が回収される事はないという事態になる事も考えられます。

負債

支払いが確定している債務

主な負債の勘定科目です。

  • 買掛金(仕入代金を翌月末に支払う事としているもの)
  • 未払金(諸経費等の支払代金を翌月末に支払う事としているもの)
  • 借入金(金融機関や第3者から資金を借入ている返済残金)

買掛金や未払金は、請求書払いにしている事がほとんどです。仕入や諸経費の支払いを翌月末にしているなど買った時期と支払い時期が違うもので将来支払う債務として確定している金額が記載されます。

借入金は、事業上必要な運転資金や設備投資資金を金融機関などから融資を受けた際の返済残高です。負債についても、ワンイヤールールによって流動負債、固定負債に区分します。借入金については、1年以内に返済されるものを短期借入金、1年以上先に返済されるものを長期借入金と表記しています。

未払金や借入金についても債権者が誰なのかによって見方が違います。

例えば未払金が社長への報酬の未払金であれば実質的な役員からの借入金、借入金が社長や関係企業からであれば実質的な出資金とみなす事が出来るためです。

純資産

企業の収益力を表しています。

主な純資産の勘定科目です。

  • 資本金
  • 資本剰余金
  • 利益剰余金

資本金は、会社が株式を発行して株主から調達した出資金の事です。

法人税法上の会社規模を区分する目安として資本金が使われており資本金が1億円以上で大企業それ以外は中小企業となります。

以前にシャープが資本金を1億円に減資する事が話題になりました。結果的にはシャープは1億円への減資を断念しましたが、資本金を1億円以下にする事で税法上中小企業として扱われる事になるため様々な税制優遇を受けようという思惑があったものと思われます。

資本剰余金は株式の新規発行などの資本取引があった際に計上されます。利益剰余金は、経済活動から得られた余剰利益の事で、いわゆる内部留保の事です。

純資産の部がマイナスになっている場合は債務超過に陥っている事を表しています。

資本剰余金と利益剰余金が配当金の原資になるため、投資家としては、この2つの科目は必ず過去の推移も含めて確認する事で、企業の真の実力を推し量る事が出来ます。

まとめ

  • 貸借対照表は、ある時点での財務状態を表している
  • 資産は、売上を稼ぐために所有するものや債権
  • 負債は、金融機関等への借入金の返済残高や債務
  • 純資産は、収益力や配当余力を判別出来る

最後までお読み頂きありがとうございます。

当記事が読者方のお役に立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました